トップページ > 社会保険料算出プログラム

社会保険料算出プログラム

■法改正による社会保険料が簡単に計算できます!

平成30年3月支給分(4月納付分)から健康保険料率と介護保険料率が変更となりました。
そこで、保険料の改訂に伴う従業員の方々の無用な混乱と不安を和らげるとともに、給与事務担当者が社員の方々にこの改正を正しく説明できるよう「社会保険料算出プログラム」を作成しましたので、ご利用下さい。
なお、健康保険料率は都道府県ごとになっていますので、ご留意下さい。

■こんなことができます!

年齢、給与月額、年間賞与を入力するだけ!
  ↓

  • 健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料が一発で計算!
  • 各従業員に印刷して配布すれば、正しい知識の周知徹底が図れます。
  • 経営者にとっては会社負担の1/2の金額を把握して、労務管理に活用できます。

■パソコンの必要動作環境

【OS】
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
【アプリケーション】
Excel 2002/2003/2007/2010/2013

■利用できる方

企業や事務に携わる方ならどなたでもご利用頂けます。

■利用方法

本プログラムは、2種類の利用方法があります。
①「開く」でWeb上で利用する。
②「保存」で、自分のパソコンで利用する。
どちらも下記アイコンをクリックして下さい。

■本プログラムは、過去の改正に対応しております!

下記の改正に対応しています。

・都道府県毎の健康保険料率(平成30年3月)
・介護保険料率(平成30年3月)
・厚生年金保険料率(平成29年9月)
・都道府県毎の健康保険料率(平成29年3月)
・介護保険料率(平成29年3月)
・平成28年9月改定
1.厚生年金保険料の適用等級の追加
(改正前:30等級→改正後:31等級)
・厚生年金保険料率(平成28年9月)
・平成28年4月改定
1.健康保険の標準報酬月額の上限引き上げと適用等級の追加
(改正前:47等級→改正後:50等級)
2.健康保険の標準賞与額の上限引き上げ
(改正前:540万円→改正後:573万円)
・都道府県毎の健康保険料率(平成28年3月)
・厚生年金保険料率(平成27年9月)
・都道府県毎の健康保険料率(平成27年4月)
・介護保険料率(平成27年4月)
・厚生年金保険料率(平成26年9月)
・介護保険料率(平成26年3月)
・厚生年金保険料率(平成25年9月)
・厚生年金保険料率(平成24年9月)
・都道府県毎の健康保険料率(平成24年3月)
・介護保険料率(平成24年3月)
・厚生年金保険料率(平成23年9月)
・都道府県毎の健康保険料率(平成23年3月)
・介護保険料率(平成23年3月)
・厚生年金保険料率(平成22年9月)
・都道府県毎の健康保険料率(平成22年3月)
・介護保険料率(平成22年3月)
・都道府県毎の健康保険料率への移行(平成21年9月)
・厚生年金保険料率(平成21年9月)
・介護保険料率(平成21年3月)
・厚生年金保険料率(平成20年9月)
・介護保険料率(平成20年3月)
・健康保険標準報酬月額の等級拡大(平成19年4月)
・厚生年金保険料率(平成18年9月)
・介護保険料率(平成18年3月)
・厚生年金保険料率(平成17年9月)
・介護保険料率(平成17年3月)
・厚生年金保険料率(平成16年10月)
・健康保険法・厚生年金保険法改正(平成15年4月1日)